仕事術

PDCAサイクルはもう古い?【使い方を変えましょう】

PDCAサイクルとは、目標を達成するために、さまざまな企業が取り入れているツールです。聞きなじみがある方も多いかもしれませんが、説明しておくと、

P(PLAN=計画) D(DO=実行)C(CHECK=検証)A(ACTION=修正)
の頭文字を取ってP・D・C・Aといいます。

よく「PDCAサイクルを回す」「PDCAを使って○○をする」をといった言い方したりしますよね。

図解するとこんな感じです。

P=計画を立て、

D=実行する

C=実行してみて計画と実際どれだけ乖離があるのか検証し、

A=修正案を立てる

このサイクルです。

このPDCAサイクルのメリットは「ミスを減らしつつ行動の精度を上げ、成果を上げる」、ということ。

実際、さまざまな企業はこのPDCAサイクルを回すことで成果を上げてきていました。

しかしながら、近年このPDCAサイクルが年々通用しなくなってきています。

どういうことなのか?そしてどうして行ったらいいのか?

この辺を解説していきます。

PDCAサイクルは古い?

結論から言うと、PDCAサイクルは問題点を解決すれば今も全然通用するツールとなります。

私の考える問題点は、

・P(計画)に時間を掛け過ぎている

・変化への対応が鈍い

です。

では、それぞれ深掘りしていきます。

P(計画)に時間を掛け過ぎている

ひとつめは計画立案するのに、ものすごい時間を掛けていることです。

「ミスを少なく、より完璧に」物事を進めようとする人が多く、そのため最初のステップである計画立案に時間を掛けてしまいがちです。

これだと初動が遅くなってしまうので、どうしてもその後の行動にズレが生じてしまいます。

さらに言うと、計画の為に会議やら話し合いやらにも時間を掛けたりします。そして時間を掛けた分、意味のあったものと錯覚してしまって半分は終わったような気持ちになってしまうのも問題です。

変化への対応が鈍い

上記のように、計画立案に時間を掛けるのでどうしてもをの計画を大事にしてしまいがちです。

特に日本人は最初に決めた目標をやり遂げようとする初志貫徹の美学を持っていると言われています。

そうなると視野が狭くなり、変化に気づきにくくなりますよね。

そうなるとその後のサイクルもズレてくるので、成果の最大化が難しくなってきます。

また、「P=計画」を立てた後はそこを修正してはいけない、と思っている人も多いです。

つまり、PDCAサイクルの「C=検証」の段階に来たときに検証の範囲が「D=実行」のところまでしか見なくなってしまうんですよね。

そうなってくると本質的な問題点が解決できない事態になってしまい、PDCAが機能しなくなってしまいます。

【解決策】新しいサイクルを作ろう

では改善策。

おわかりのように、PDCAサイクルの最大の問題点は「P=計画」にあります。ここを変えていきましょう。

私の場合、「計画」の部分を⇒「仮説」に変更するとスピード感が出てうまく回っています。

仮説⇒行動⇒検証⇒修正といった感じです。

計画に充てていたものを仮説にすることで、時間は大幅に短縮できます。

仮説=hypothesisなので、サイクル化するとなると「HDCAサイクル」ですかね。

私の経験上、仮説立案は成果を上げるのに大きな要素を占めていると考えます。

仮説立案する回数を多くすることで検証する回数も増え、行動の精度が上がってきます。

これを繰り返すことでかなり変わると思います。

まとめ

・PDCAは時代に合っていない

・P(計画)に時間が掛かりすぎる

・PDCAを止めてHDCAに変更する

最初の一歩はスピード感をもってやらないと見えてこないので、計画に時間を掛けるのはやめましょう。

そして、時代の変化に対応できる自分なりのサイクルを見つけてみましょう。

よく読まれている記事

-仕事術
-,

Copyright© satosanBLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.