ファッション

【 KITH 】について(ファッションブランド紹介)

今回ご紹介するファッションブランドは【KITH】です。

デザイナーであるRonnie Fieg(ロニー・ファイグ)がアメリカがを中心に展開しているストリート系のファッションブランドで、ここ最近で僕が最も好きなブランドです。

KITHのショップは海外にしかなく、購入にするにも個人輸入という形でしか購入できなかったのですが、2020年6月にいよいよ【KITH TOKYO】として日本初の店舗がオープンするとのこと!「これは紹介せねば!」ということで、KITHの魅力についてお伝えしていきます。

【 KITH 】とは

KITH Brooklyn  "kith.com"より

では、KITHとはいったい何なのか?

KITH・・・(読み方は「キス」、もしくは「キース」)KITHオフィシャルサイト

アメリカを中心に展開しているセレクトショップで、2011年に【KITH NYC】としてOPENして以降、SOHO、Brooklyn、Miami、LA、2019年には初の海外進出としてLONDONにも展開。2020年には東京にもOPEN予定。

ショップ名をそのまま冠したファッションブランド【KITH】は、そこから生まれたオリジナルブランドで、ストリート系のアイテムが中心となっており、新作のコレクションの発売日には行列ができるほど。

KITHはMENSのほかにWOMENS、KIDSも展開。さらにはスイーツ(アイス)ショップでありながら、KITHとは違ったアパレルも販売する『KITH Treats』なんてのもあったりする。



KITHのアイテムは日本国内では未発売なので知らない人も多いと思いますが、芸能人にも多数のKITHファンもいて、日本でも人気が上がってきています。※(『KITH Treats』に関しては日本にも店舗あります)上記でも触れましたが、そのKITHが2020年に東京でオープンの予定なので、ものすごく楽しみですね。

僕自身もKITHのデザインが好きで頻繁にオンラインで購入しているのですが、上記にあるように並びができるほどの人気ですから、アイテムによっては秒で完売になることもしばしば。

これだけ人気の理由としては、デザイナーであるRonne Fiegのセンスがとにかく良い。これに尽きますね。

KITHの創始者、Ronnie Fieg

Ronnie Fieg(ロニー・ファイグ)

アメリカはニューヨーク出身のデザイナー。>デザイナーでありながら、屈指のスニーカーコレクターでもある、ストリートシーンにおける重要人物。

13歳の頃に地元のスニーカーショップで働き始めたことがきっかけでスニーカーに興味を持ち始め、そこで経験を積んで独立。2011年、スニーカーとアパレルのセレクトショップ『KITH NYC』をOPENさせる。
その翌年の2012年、オリジナルのアパレルブランドである【KITH】をスタートさせる。

類まれなるデザインセンスでKITHはたちまち人気になり、現在に至るまでさまざまなブランドとコラボも果たしており、いずれも人気を博している。

スニーカーショップに働いていた時代に、asicsとのコラボのデザインを任されたというエピソードもあることから、ロニーのセンスがうかがえますね。

また、過去に様々なブランドともコラボしているので(今は全部売り切れです)気になった方はオフィシャルサイトのルックブックを見てみてもいいかもしれません。今後も確実にコラボしてくと思うので参考になりますね。オフィシャルサイトでルックブックを見る

KITHのアパレルについて

KITH BOXLOGO SS

サイズ感

KITHのアパレルのサイズ感についてです。

  • トップス・・・作りは大きめ。日本規格と比べて1サイズほど違います。例えば、普段Mサイズを着ているならKITHはSサイズが適しています。デザインにもよりますが、基本的に丈はやや長めです。

  • ボトムス・・・ウエストで合わせると丈はやや長めになります。しかしながらたるませて履くのがカッコいいデザインのものが多いので、あまり気にしなくてウエストで選んでいいです。

  • ※サイズ感が気になる方は、オフィシャルサイトでもサイズ表記がありますので、確認してみてください。オフィシャルサイトで表記されているサイズはインチ表記になっているので、センチに換算することが必要です。ちなみに1inch = 2.54cmです。
    KITHオフィシャルサイトで見る

    価格帯

    次に価格帯についてです。

    価格帯としては高い方です。もちろんアイテムによって違ってくるのですが、ベーシックアイテムでも半袖で¥7,000~9,000ほど、フーディー(パーカーですね)は¥17,000~¥19,000ほどします。
    ただ、高いなりにしっかりとした質感で高級感もあり、値段相応のクオリティになっているので何回してもクタクタになりません。

    ちなみに、海外からの輸入になるので、送料+関税が掛かります。それぞれ購入点数によって変わりますので、注意が必要です。

    ※以前は関税は商品配達時に配達業者が徴収していたのですが、現在のKITHのサイトでは購入時に支払うようになっていますので、事前に用意することがなくなって便利になりました。

    毎週月曜日のお楽しみ、マンデープログラム

    KITHでは毎週月曜日にMonday Program(マンデー・プログラム)と銘打った企画を行っています。

    これはKITHの店舗やオンラインで毎週月曜日に限定アイテムが販売されるもので、毎回即完になるほどの人気プログラムとなっています。販売されるアイテムの種類は多岐にわたり、アパレルやスニーカー、小物に至るまでさまざま。しかも前日にならないと何が販売されるか分からないようなお楽しみ要素も持っていて、KITHの目玉企画になっています。

    渋谷のKITH Tokyoではその名の通り毎週月曜に販売されますが(たまに例外もありますが…)、オンラインだと海外時間での月曜発売になるので、時差の関係で日本では月曜の25時(火曜日の午前1時)で販売されます。夜遅くて少し大変ですね…。しかも海外にはサマータイム(3月の第二日曜~11月の第一日曜)というものも存在して、その期間は販売時間が1時間早まる、つまり月曜の24時に変更になるいうことも注意が必要です。

    それでも販売されるものはどれも素晴らしいものなので、ゲットする価値はあります。

    KITHのまとめ

    KITHについてのまとめです。

  • ジャンルはストリートファッションのブランド
  • さまざまなブランドとのコラボも多く、即完レベルのアイテムも多い
  • ややお値段は高めだがクオリティは高い。
  • 2020年6月、東京にOPEN!
  • 今のところ私たちがで手に入れるためには海外からの輸入しかないけど、今度の日本での店舗OPENに合わせてオフィシャルサイトでも日本版ができると嬉しいですね。期待しましょう!

    よく読まれている記事

    -ファッション

    Copyright© satosanBLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.